違法性が出てきてしまうタイプのところもありますから注意が必要となる

ファクタリングは違法ではありません。

合法なサービスであり、中小企業、或いはフリーランスのような人にも現金確保の方法として活用できるようになっています。

しかし、ファクタリングを装っているところで違法性のあるサービスを提供していたりすることもあります。

そうしたところに引っかからないようにするためには、その特徴を知ることが一番よいことでしょう。

給与ファクタリングは限りなくアウト

給与ファクタリングというのがあります。

これは給与に対する一定の手数料を徴収しての現金化ということになるのですが、これはやってはいけないわけではないのですが、金融サービスの一つとしてはありなのですが、完全に貸金業となります。

通常のファクタリングサービスに関して言えばこれは貸金業ではありませんのでその資格、免許をとる必要性はないのですが、給与ファクタリングは貸金業になりますので注意しましょう。

高額な手数料を取られたりする事例も発生していますし、そもそもこれはファクタリングサービスという名前をつけてはいますが普通のファクタリングサービスではありませんので注意が必要です。

事業者向けであろうとも

基本的にファクタリングというのは、事業者が保有している売掛債権等を買取る、ということによって成り立つわけですが、たとえ事業者向けファクタリングであろうとも貸付と同様の機能によって行われる場合、それは貸金業に該当する可能性があります。

それはあまりにも高額な手数料であることも多く、資金繰りが悪化する可能性に繋がったりします。

凡そのファクタリングサービスを提供している業者は心配ありませんが、怪しげなところは使わない方が良いというのは基本です。

では、どんなところがよいのか、となりますがやはりネットで評判を調べるのが一番です。

少なからず悪い評判がなくて長く経営が続いているところを選ぶというのが無難にお勧めできることになるでしょう。

ファクタリングサービスはあくまで合法なのですが、そのやり方が貸付に等しい場合においてはアウトになります。

給料ファクタリングなんか限りなくアウトに近く、事業者向けのものであろうとも貸付と同等と思われる場合はアウトになりますので利用しないようにしましょう。

正しく、よいファクタリング業者を使うということを意識しておきましょう。

長く経営しているところがお勧めです。

ファクタリングの仕組みやメリット/デメリットなどをわかりやすく解説します!

売掛債権を買い取ってもらうファクタリングサービス

ファクタリングは、売掛債権を現金化することができるサービスで、第三者に売掛債権を譲渡することによって、決算日前の債権を速やかに現金化するサービスです。

かつては手形割引や裏書譲渡などにより、債権を現金化するのが一般的でしたが、最近ではこれら手形の流通が減少したことで、ファクタリングによる資金調達が主流になりつつあります。

買取型と保証型

ファクタリングには、大きく分けて買取型と保証型の2通りの方法があります。

売掛債権を第三者に譲渡して現金化する買取型は、売買契約後にファクタリング事業者から、手数料を引いた債券価格の残高を受け取ります。

その後、売掛先から売掛金が支払われますので、その金額をファクタリング事業者に送金して契約が完了します。

信用審査が必要ないことにより、信用力のあまり高くない企業でも迅速に資金調達をすることができます。

一方、保証型は売掛金の回収が保証されるサービスで、万が一売掛先が倒産しても、保証会社が代わりに売掛金を支払ってくれるので、貸し倒れのリスクを回避することができます。

売掛先に対する信用調査によって保証金の範囲は決定しますので、資金調達までに期間を要しますが、売掛金の回収リスクを減らしたいときには最適なサービスです。

2社間と3社間で異なるファクタリングの仕組み

債権者とファクタリング会社のみで行われる2社間ファクタリングは、債権を譲渡しても、売掛先に債権を譲渡したことを通知する必要はなく、売掛先を気にせずに債権を現金化することができます。

もし債権譲渡を登記する場合は、売掛先に債権を譲渡した旨が知られてしまう可能性がありますので注意が必要です。

一方、債権者と売掛先、ファクタリング事業者の間で行われる3社間ファクタリングは、すべての債権をファクタリング事業者に移行するため、売掛先が倒産したとしても貸し倒れのリスクがありません。

注意点としては、3社間ファクタリングは債権を譲渡した通知が必要なので、資金繰りの内幕を売掛先に知られてしまう可能性が低くない点です。

ファクタリングのメリットとデメリット

メリット/迅速な資金調達

ファクタリング事業者や売掛先との契約によって、債権をいち早く現金化できるファクタリングは、場合によっては即日で現金化することも可能で、銀行や日本政策金融公庫などから融資を受けるよりも、比較にならないほど早く資金調達をすることができます。

デメリット/調達金額の制限

ファクタリングは、売掛債権を超える金額を現金化することはできませんので、金融機関などからの融資よりも資金を調達できる範囲に制限があります。

買取型ファクタリングは、金融機関などからの融資よりも早く債権を現金化することができます。

一方、保証型ファクタリングは、債権の貸し倒れリスクを回避することができますので、資金をできる限り早く調達したいときは買取型、売掛金の回収にリスクが伴う場合は保証型を選ぶことをおすすめします。

また、実際に契約をする際には、適正な手数料であるかどうかしっかり確認してから署名をし、契約書の控えは必ず保管しておくようにしましょう。

ファクタリングサービスを利用することに関しての不安はどんなものがあるのか?

ファクタリングサービスを利用してしまうとどういう問題が発生するのかということが不安に思う人も多いでしょう。

大きなトラブルになることはそんなになかったりします。

あくまで商行為の一つであるわけですから、業者選びなどは大変ではありますが問題は起きないことのほうが多いのですが、一応のリスク的な要素というのもあることは理解しておきましょう。

信用問題にならないのか?

ファクタリングサービスとは要するに自分たちの持っている売掛金を担保にお金を借りるというのではなく、それを売り払うという形になります。

別に債権の売買、譲渡自体は問題はないのです。

また、3社間ファクタリングというわけでもない限りは売掛金の企業に連絡が行くということも特にはありませんのでそういうところから発生する不安、信用問題というのはあんまり気にしなくてもよいです。

気にしないというよりは、発覚しにくい、というほうが正しいでしょうが、ファクタリングサービスを使ったということに関して情報が漏れているということは自社からでも漏らさない限りは問題ないことになります。

銀行融資よりも早い

要するにお金が足りてないから確保するためにやることになるわけですが、この場合、だったら銀行融資とかどこぞからお金を借りれば良いのではないかとも思うことでしょう。

実際それができるのであればそうした方が良いことではあります。

ファクタリングサービスの手数料という点からみると利息の支払いの方が良い場合がほとんどなので借りられるのであれば借りたほうがいいのですが借りるまでに時間がかかるとか、そもそも貸してくれるような経営状態ではないとかがあるわけです。

兎角、銀行融資などはお金を貸してくれる金額が大きいこともあり、審査に時間がかかります。
しかし、ファクタリングサービスでは最短でその日のうちに、ということすらあるのです。

ファクタリングサービスの不安要素としてあるのが、相手方にばれることですがこれは基本的にあんまり気にしないでよいです。

まったくないとは言い難いですがそれでも基本的にはファクタリングサービスを利用したということに関して売掛金の企業にバレるということは少ないのでその利用に関する不安というのはあんまりないとは言えます。

しかし、3社間のファクタリングであれば当然バレます。
注意するべきはそこになります。

ファクタリングサービスはいざというときには助かる人気の資金調達方法です

売掛金を現金にすることができるのがファクタリングです。

黒字の企業でも現金不足で倒産ということがありえるわけであり、それらを避けるためにファクタリングサービスを利用するところは多くあります。

大企業が行うような行為ではないのですが中小企業にとっては十分にメリットがあるサービスであることは確かです。

ですが、その利用にはいくつかの注意するべき要素もあるのです。

安くはない

売掛債権を現金にすることができるわけですからとりあえず現金の確保という点においては優秀なサービスといえるこのファクタリングサービスなのですが、相手方の利益という意味でも手数料が取られるというのは当然です。

それはよいのですが、割合から見ますと実はそんなにお得に現金化できているわけではないということも多いです。

審査も早く、即日現金化というのを謳っているところもたくさんありますので、そのスピードというのは要するに相手方がリスクということでもあるのでそのリスクの面から見ても惹かれる手数料というのは結構割高だったりすることがあるので注意が必要ということになります。

良いサービス、助かることはありますが頼りすぎるとやはり経営悪化につながることもあるわけです。

いざというときに使おう

得をするサービスというわけではなく、一時的に資金難から救ってもらう形のサービスなわけであり、悪いわけではないのです。

むしろ、これによって倒産の危機から救われたという企業も決して少なくはないことでしょう。

審査も早いですし、現金にできるのは何よりありがたいですがやはり本来もらうべきであった金額よりはだいぶ下がることになるので利用しすぎることによって負担が大きくなりすぎていくということがあります。

程よく利用する、というのがファクタリングサービスであるといえます。

良いサービスではあるのですが頼り切るサービスというわけでもないという点に注意を向けておきましょう。

債権を現金にすることができるファクタリングサービスというのは助かる要素がある反面、利用することの負担というのは決して低くはないのです。

その為、あくまで利用はいざというときに使うべきであり、本当に大変な時だけ使うようにして常用するというようなことは避けた方が良い部分もあるわけです。

使えるようにしておくことは大事ですが、頼り切らないようにしましょう。

2社間ファクタリングが一般的ではありますが別の方法もないわけではない

資金調達方法として色々な企業に求められているのが、ファクタリングです。

色々な業者があるわけであり、やることは債権の買取ということになりますから、やることそのものは同じなのですが、色々な違いを出して競争しているサービスでもあります。

そもそもファクタリングサービスといっても実際にはいくつかの種類があり、それによって細かく違いがあったりします。

リスクであったり、コストなどに違いが出てくることになりますから、その点を理解しておきましょう。

一般的なのが2社間ファクタリング

ファクタリングサービスにおいて2社間ファクタリングが一番一般的です。
これはファクタリング業者とその売掛債権を持っている業者との2社間ですべてが完結するというものであり、売掛債権を売り払ったということを人に知られることはないです。

3社間ファクタリングでは、売掛債権の発行元に関しての承諾も得て、ということになりますから、やや手間がかかることになりますし、ファクタリングサービスを利用したということが相手に知られることにはなりますのでその点の覚悟が必要になるでしょう。

リスクが高くなるというよりは自分たちの売掛をどこぞの債権買取業者に売らないといけない状況なのか、取引先に思われてしまうかもしれませんからその点がややネックではあります。

サービスとしては便利

自分たちが持っている売掛債権などを買取に出すということで要するにすぐに現金にすることができるというサービスになります。

当然ながらそこにある利点というのは、資金確保になります。
しっかりとした売上を持っているような企業であっても手元に現金がないということで非常に大変な事態になってしまうということがあるわけです。

ですが、手持ちの売掛債権を現金にすることができれば、最悪の事態を避けるということには使えるわけです。

そして、そういうことするわけですから急いでいるというのは間違いないわけで、この手のサービスではとにかく決断が早いことが多いです。

ですから、素早く資金確保に使えることがある、というのが嬉しい要素となることでしょう。

ファクタリングサービスは資金の調達、確保のために使えるサービスです。

一般的に用いられる方法というのは2社間ファクタリングですが、ややリスクは高くなりますがコストが低く抑えられる可能性がある3社間ファクタリングというのもあります。

すぐに現金を手に入れられるというサービスは資金繰りが少し怪しくなってきている時などに救済的な使い方をすればとても助かることでしょう。